トップページ / 製品の工夫

ラベルの工夫(バラ包装)

キョーリン リメディオのラベルの工夫(バラ包装)について、前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬 シロドシンOD錠2mg「杏林」の製品を例にご紹介いたします。

ラベルの工夫(バラ包装)

薬局や病院など、医療機関での業務効率化のために、医療過誤防止と情報提供のできるラベルの表示を目指しています。

ラベル(バラ包装)のデザインの基準

例えば、前立腺肥大症に伴う排尿障害改善薬 シロドシンOD錠2mg「杏林」のバラ包装のラベルは、長方形の副片ラベルを使用しています。 ボトル側面の副片ラベルをはがし、キャップ天面に貼ることで、上からも製品名、規格、GS1コードを確認することができます。 素材には再剥離可能な素材を採用し、シールつまみの部分にはのり付けのない耳をつけることで、剥がしやすい工夫をしています。

ボトル重量表示

ボトル重量表示の例キョーリン リメディオのバラ包装のボトルシールには、空ボトル(キャップなし)の容器重量と錠剤1錠の重量を記載しています(2019年6月より順次導入)。
医療現場からご意見をいただき、実現いたしました。
これらを記載することで、総重量から、ボトルに何錠残っているかを推計することができます。(写真は、メマンチン塩酸塩OD錠20mg「杏林」の例)

※規格値の小数点第一位を四捨五入。
※キャップは乾燥剤入りの場合、重量が変動する場合がありますので、キャップなしのボトルの重量を記載しています。

(2020年12月掲載)

キョーリン リメディオ株式会社の製品の工夫
つねに医療関係者様、患者様の立場で、安心感・満足感・期待感のある製品をお届けします。
先発医薬品と類似した色調の包装、類似した剤形、製品名・含量を大きく表示し安心感を、
課題のある製剤は改良し満足感・期待感をお届けします。

お問い合わせ

PAGE TOP